本文へスキップ

愛知県安城市にてエリクソン催眠療法を行っています。

TEL.0566-78-6361

お問合せメールはこちら

よくある質問NEWS&FAQ

催眠療法についてのよくある質問



Q:催眠療法は安全ですか?

A:催眠療法は良識をもった施術者がおこなえば、
他のセラピーと同様に安全です。

催眠状態も睡眠と同じように、
自然な意識状態の一つに過ぎなので危険はありません。

ミルトン・エリクソン医学博士が催眠に有害性があるか研究したところ、
1000回以上の催眠面接において有害性は観察されませんでした。



Q:必ず効果はでますか?


A:催眠療法に限らず、
どんなセラピーも万能ではありません。
クライエントの症状や状態によって効果は変化します。

しかしながら催眠療法との相性が合う方には、
顕著な効果が期待できます。

必ず治ると宣伝している所は違法ですので、
お気をつけください。


Q:何回通えばいいですか?

A:もちろん症状や問題によってセッション回数は異なります。

軽度の恐怖症などは、
1回のセッションで、
かなり改善することがよくあります。

重いうつ症状は、
脳機能の回復に時間がかかるので、
セッション回数というより、
期間が長くなる傾向があります。

セッション回数はクライエントが満足した時点で、
いつでも終結することができます。

催眠療法は短期療法ともよばれ、
一般的な心理カウンセリングよりも、
症状の改善が早いのが特徴です。


Q:セッションの間隔はどのくらいあければいいの?

A:2回目は2週間後に来ていただくことが多いです。

これは、1回目からの変化をクライエント観察してもらい、
それをもとに次の調整を入れるタイミングが、
2週間後が適していると、
臨床経験から判断したためです。

3回目以降は、
月1回などになることが多いです。

もちろん、クライエントの時間や経済的事情により、
間隔を調整することができます。


Q:催眠療法とヒプノセラピーはどう違うのですか?

A:催眠療法を英語にするとヒプノセラピーとなり、
本来は同じものを指します。

しかし日本では、
前世療法をヒプノセラピーと呼ぶことが多いです。

当オフィスでは、
前世療法と催眠療法を分けて取り扱っています。

 
Q:自分は催眠にかからない気がします?

A:催眠療法では催眠は「かかる」というより「入る」と表現します。

誰もが睡眠状態に入ることができるように、
催眠状態にも、深いか浅いかの程度の差こそあれ、
入っていくことができます。


Q:催眠術と催眠療法はどう違うのですか?

A:催眠術はエンターテイメントのために暗示を使い、
その効果は一時的です。

それに対して催眠療法は、
症状改善のために暗示を使い、
セッションが終わった後も効果が持続するように工夫されています。


Q:料金が高額に感じるのですが?

A:催眠療法は保険の適応外ということに加え、
一度のセッション時間が長時間なので、
どうしても料金が割高になってしまいます。

それでも催眠療法は、
料金に見合うだけの効果が出ることが多いです。


Q:症状の原因(きっかけ)はわかりますか?

A:クライエントの催眠感応性が高い場合は、
年齢退行(記憶の思い出し)ができることがあります。

もしできなくても、
催眠療法は症状の改善に取り組むことができます。

基本的に当オフィスの催眠療法では、
記憶の探求よりも症状の改善に焦点を当てます。






バナースペース

たゆたメンタルオフィス

安城店(完全予約制)
営業時間 9:00〜17:00

不定休ですので、いつでもご相談ください。
土日も営業しています

〒444-1154
愛知県安城市桜井町咽首
187-1

TEL 0566-78-6361
電話受付 9:00〜20:00

Eメール(お問合せ)
healing@salon-tayuta.com

無料駐車場がありますので、西尾・岡崎・刈谷・知立・半田・碧南・豊田・豊橋・名古屋からもお車でどうぞ。

名古屋での出張セッションは現在休止中です。安城店は営業しています。

リンク











やまもとせいいち

(米国NLP協会認定エリクソン・ヒプノプラクティショナー)

著書「頭のブレーキ」
心理療法を行うとき、クライエントによくする話をまとめました。