本文へスキップ

愛知県安城市にてエリクソン催眠療法を行っています。

TEL.0566-78-6361

お問合せメールはこちら

エリクソン催眠療法についてNEWS&FAQ

催眠と心理療法の融合


はじめに『エリクソン催眠』について

当オフィスで用いる催眠は、
『エリクソン催眠』がメインです。


この『エリクソン催眠』は、
ミルトン・H・エリクソン医師が行っていた催眠手法を、
彼の弟子たちが体系化したものです。


(エリクソン催眠を使うセラピストを、
エリクソニアンと言ったりします)


エリクソン催眠は現代催眠とも呼ばれ、
古典的な催眠が威圧的だったのに対し、
現代催眠はとても受容的です。


特徴としては、
「○○なのかもしれません」や、
「○○になるでしょう」などというような、
受容的な表現を多く使います。



次に『ミルトン・エリクソンの心理療法』について 


実は『エリクソン催眠』だけをマスターしても、
催眠療法を行うことはできません。


エリクソン医師の催眠手法と、
彼が行っていた心理療法のエッセンスを合わせて、
『エリクソン催眠療法』又は『エリクソン心理療法』となります。


彼の心理療法は斬新で、
さまざまな逸話があります。

「ミルトン・エリクソンについて」のページで、
少しですが紹介しています。


エリクソン医師の心理療法は、
『エリクソン催眠』同様、
彼の弟子たちが体系化しています。
(NLPやブリーフセラピーが有名)

エリクソン医師自身は、
自分の心理療法をマニュアル化しませんでした。


彼はクライエント一人ひとりに対して、
毎回新しいテクニックを開発していたようだといわれています。

こういったところに、
エリクソン医師の天才性が垣間見えます。



最後に『エリクソン催眠療法』について 


ミルトン・エリクソン医師の催眠療法は奥が深く、
いまだに研究されています。

彼のテクニックだけを指して、
『エリクソン催眠療法』と呼ぶのは語弊がありそうです。



エリクソン医師のクライエントに向き合う姿勢や、
信念、哲学、愛情深さまで含めて、
『エリクソン催眠療法』なのだと思います。




上記は当オフィスの「エリクソン催眠療法」に対する考えです。






バナースペース

たゆたメンタルオフィス

安城店(完全予約制)
営業時間 9:00〜17:00

不定休ですので、いつでもご相談ください。
土日も営業しています

〒444-1154
愛知県安城市桜井町咽首
187-1

TEL 0566-78-6361
電話受付 9:00〜20:00

Eメール(お問合せ)
healing@salon-tayuta.com

無料駐車場がありますので、西尾・岡崎・刈谷・知立・半田・碧南・豊田・豊橋・名古屋からもお車でどうぞ。

名古屋での出張セッションは現在休止中です。安城店は営業しています。

リンク











やまもとせいいち

(米国NLP協会認定エリクソン・ヒプノプラクティショナー)

著書「頭のブレーキ」
心理療法を行うとき、クライエントによくする話をまとめました。