本文へスキップ

愛知県安城市にてエリクソン催眠療法を行っています。

TEL.0566-78-6361

お問合せメールはこちら

ミルトン・H・エリクソンについてNEWS&FAQ

催眠を治療に取り入れた柔軟な精神科医

現代催眠と「ミルトン・ハイランド・エリクソン」



 エリクソン医学博士は、
 斬新な心理療法を行うことで有名な催眠家でした。




エリクソン博士は、
78歳でこの世を去るまで、
様々な患者を彼独自のやり方で治療しつづけました。


例えば、
車を運転して町から出ようとするとパニックになる患者に、
こんな指示を出しました。

「まず上等なスーツを着て車を運転しなさい。

パニック症状がでたら側溝で横になり、
症状がおさまるまでじっとしていなさい。

発作が治まったらまた車を運転しなさい」


患者は指示どおり、
運転しては側溝で横になりを繰り返していたら、
やがて普通に車を運転して町から出られるようになりました。


これ以降パニック症状は消えたそうです。


不眠症で悩む男性には、

「眠れない夜は一晩中、
床のモップがけをしなさい」

という課題をあたえるだけで、
不眠症を治療しました。


おねしょで困っている子供には、
その子が興味のあるスポーツの話しをいくつもしました。

数ヶ月後におねしょは治りました。


エリクソン博士は、
患者の個性に合わせて治療をおこないました。



その治療は、
緻密に計算された催眠暗示や、
逸話、行動課題などで構成され、
お薬はほとんど処方しなかったそうです。



エリクソン博士は、
治療の過程で一見、
催眠を用いていないようみえても、
どこかで催眠的な治療をおこなっていたそうです。


催眠というと、
言葉で無意識に暗示をいれるだけだとおもわれがちですが、

エリクソン博士は体の動きや表情などを使うことで、
言葉の通じない相手も催眠状態に導くことが出来ました。


彼のこうした能力は、
天才性はもちろんあったでしょうが、
訓練によるものでもありました。


エリクソン博士は、
10代のときにポリオ(小児麻痺)に罹りました。


自分の麻痺した体をまた動かせるようにするために、
ハイハイを始めたばかりの妹の動きを観察して、
体の動かし方を学び直しました。

このときの経験が、
彼の鋭い観察能力につながっていると言われています。


エリクソン博士は、
ポリオ以外にも障害を持っていました。

音楽が理解できない障害や、
色が認識できない障害、
幼少期には文字の読解も難しかったそうです。


しかし、
彼は自分のこうした障害すらも、
患者の治療に活かしました。



ミルトン・エリクソンという人間の生き方自体が、
患者や援助者に啓発をあたえてくれます。



個人的には、
ポリオから回復するために、
カヌーにのって一人旅をするエピソードは、
驚きと共に勇気をもらいました。


エリクソン博士は、
50代でポリオが再発しますが、
しばらく入院した後、治療を再開します。

晩年には、
車いすに乗って治療をつづけました。



エリクソン博士は治療者として、
患者と関わりつづけましたが、
その一方で、
催眠の研究と教育に力を注いでいました。


催眠はその昔、
神秘的なものや大道芸的なものがほとんどでした。



エリクソン博士が現代催眠の父といわれるのは、
催眠を科学や治療法として、
米国を中心に世界へと普及させたからです。


エリクソン催眠以前の催眠は、
直接的な暗示を相手に施すものでした。

しかし、
エリクソン博士は相手の能力を引き出すために、
あらゆるものを利用するという、
許容的な催眠を心理療法にとりいれました。



例えば、
親指のおしゃぶりがやめられない子供には、
「ほかの指もしゃぶってあげないと不公平ですよ」
と言いました。

すると子供は、
人から言われて指しゃぶりするのは嫌だったらしく、
指しゃぶり自体をやめるようになりました。


このようなミルトン・エリクソン流のアプローチが、

現代の催眠療法だけでなく、
心理療法全体に多大な影響をあたえています。



ナラティブセラピー、ブリーフセラピー、
認知行動療法、家族療法、NLPなども、
エリクソン催眠療法から発生したり、
影響を受けていると言ってもいいでしょう。



ここまでミルトン・H・エリクソンについてお話ししてきましたが、
彼の魅力は簡単に語り尽くせるものではありません。


それでももし、
私がエリクソン博士のことを一言であらわすとしたら、

「尊敬に値する、天才的な催眠療法家」

そんな風に表現します。



催眠家としてのエリクソン博士にご興味をもたれたら、
ミルトン・エリクソン―その生涯と治療技法
という書籍もありますので、
一読なさってください。

きっと彼の生き方から、
セラピー的なメッセージをもらえることでしょう。






催眠療法「タユタ・メンタルオフィス」

バナースペース

たゆたメンタルオフィス

安城店(完全予約制)
営業時間 9:00〜17:00

不定休ですので、いつでもご相談ください。
土日も営業しています

〒444-1154
愛知県安城市桜井町咽首
187-1

TEL 0566-78-6361
電話受付 9:00〜20:00

Eメール(お問合せ)
healing@salon-tayuta.com

無料駐車場がありますので、西尾・岡崎・刈谷・知立・半田・碧南・豊田・豊橋・名古屋からもお車でどうぞ。

名古屋での出張セッションは現在休止中です。安城店は営業しています。

リンク










やまもとせいいち
(米国NLP協会認定エリクソン・ヒプノプラクティショナー)

著書「頭のブレーキ」
心理療法を行うとき、クライエントによくする話をまとめました。